脱毛サロンでアンダーヘア(vio)脱毛※形の名前で注文すれはば恥ずかしさ軽減

アンダーヘア(vio)の形はどんな種類がある?男性にも嫌がられない形とは?

アンダーヘアを脱毛で整えると見た目が綺麗になるだけでなく、デリケートゾーンのムレを軽減し清潔に保てるというメリットがあり、VIOの脱毛を行う方がどんどん増えてきています。ひとことにVIO脱毛と言ってもこの部位、とくにVラインは全部毛をなくすのが目標ではなく、「整える」というのが最終目標である人が多いですよね。つまりその「形」が重要になってきます。では人気の形や男性にも嫌がられない形はどんなものなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

Vラインの形はナチュラルなものが人気の傾向!

形のバリエーションがとても多いVライン。一度脱毛してしまうと形を変えるのはほぼ不可能になるので慎重な形選びが重要です。照射を始める前に、男性からの人気も高いアンダーヘアの代表形をチェックしてみましょう。

 

王道の逆三角形

安定かつ無難な小ぶりの逆三角形が堂々の1位です。

元の形と差異がなく一般的な形でもありますので、迷ったらこの形にしましょう。

 

可愛らしいたまご型

女性らしいなめらかな感じがいい、逆三角は定番すぎる、という方にはたまご型がおすすめ。

人気でいえばやはり逆三角形には劣りますが、この形が嫌いな人もまずいないでしょう。

 

よりナチュラルな台形

ぱっと見は逆三角形と似ていますが、Iライン側に幅があり自然な感じになります。

脱毛している感じを前面に出さずナチュラルな感じが好印象です。

 

すっきりとした長方形

これは日本というよりは海外で人気の形で、Vラインの毛量をかなり減らした形です。

Iライン型とも言われているくらいの細さですので、日本人ウケは△といったところでしょうか。

 

どうせなら好きな形に…ハート型

海外セレブや芸能人ではハート型や星型など自分の好きな形に整える方もいらっしゃるようですめ。ちょっと引いてしまう、という男性が多めなようですが、自分の好きな形にしたい!という方は挑戦してみてもいいかもしれません。

 

つるつるのハイジニーナ

Vラインを無毛にすることを「ハイジニーナ」といいます。脱毛サロンのVIO脱毛コースでもよく見かける言葉ですね。実は海外ではハイジニーナがメジャーなんです。日本においては好みの個人差がとても大きいですが、好きな人は好きな形です。

 

I, Oラインは無毛or産毛?

Vラインと違って形のバリエーションはないのがI, Oライン。選択肢はほぼ2つで「無毛にする」か「産毛程度の毛を残す」かのどちらかです。照射回数によってその具合は調整できます。
無毛にして処理のいらないつるつるなIOラインにするか、産毛程度は残してナチュラルに仕上げるかは好みによりますので、Vラインとの兼ね合いも考えながら選んでみましょう。

 

アンダーヘア(vio)の脱毛を自己処理するメリット・デメリット

今や女性の約6割の方が自己処理またはサロンでVIOをお手入れしています。とくにアンダーヘアの処理をしたいけれどサロンに通うのも恥ずかしいから…と自己処理を行っている方も多いのではないでしょうか。そこでアンダーヘアを自己処理する際のメリットやデメリットを順にご紹介します。

 

自己処理のメリット

まずはアンダーヘアを自己処理することのメリットを見ていきましょう。

 

なんといっても安い!

脱毛サロンでVIOをお手入れしようと思うと、キャンペーンなどを使っても結構お金がかかります。自宅でカミソリやシェーバーを使って処理する方が圧倒的に安いですよね。

 

他人に見られる恥ずかしさがない

脱毛をしてもらうとなると、デリケートゾーンを他人に見られるという状況は避けられません。女性のエステティシャンであるのわかっていても恥ずかしさはありますよね。その分自己処理だと誰にも見られずに剃毛することができます。


 

自己処理のデメリット

自己処理を行うことでのデメリットももちろんあります。デリケートゾーンという名前通り肌が弱い部分なので注意が必要ですね。

 

色素沈着や黒ずみの原因に

カミソリなどで剃ると肌表面を傷つけてしまい、色素沈着や黒ずみの原因、カミソリ負けなどの肌トラブルに巻き込まれやすくなります。他の部位よりも黒ずみになりやすい場所なので自己処理を続けているとさらにひどくなる可能性も…。

 

剃り残しやムラができやすい

とくにVIOラインは自分では見づらかったり、入り組んでいてカミソリがうまく当たらなかったりする、セルフケアが難しい部位です。とくにIOラインは鏡などを使ってもなかなか上手に処理できず、剃り残しや処理のムラができやすいですね。


脱毛サロンでアンダーヘア(vio)脱毛するメリット・デメリット

どんどんメジャーになってきているサロンでのVIO脱毛。多くのサロンがよりVIO脱毛に踏み切りやすいような取り組みやキャンペーンを行っています。では自己処理ではなく脱毛サロンでVIO脱毛するメリット・デメリットは具体的になんなのでしょうか。

サロン脱毛のメリット

まずはアンダーヘアをサロンで整えることのメリットを見ていきましょう。清潔感を保てること以外にもたくさんのメリットがあるんです。

 

見た目に自信がつく

自己処理だとどうしても黒いポツポツが残ったり、反った翌日にはもう生えてきたり…と完璧な状態を維持するのはほぼ不可能ですよね。脱毛サロンで脱毛すると毛が柔らかくふわふわになるだけでなく形もキレイになるので、水着や温泉などでも自信をもてますよ。

 

美肌効果がある

脱毛サロンで脱毛を継続すると定期的に剃毛しなくてよくなるため、肌に負担がかからなくなり、黒ずみなどのお肌の悩みを解決することができるんです。手間が省けるだけでなく肌もキレイになるなんて一石二鳥ですよね。


 

サロン脱毛のデメリット

デリケートなVIOだからこそ知っておきたいサロン脱毛のデメリット。それを知った上で脱毛に取り組みたいですよね。ではサロン脱毛でのデメリットは何があるのでしょうか。

 

他の部位よりも痛みが強い

デリケートなVIOは脇や腕にくらべると痛みを感じやすい部位になっています。痛みに敏感な方ですと注意が必要ですね。

 

見られるのが恥ずかしい

施術の際はどうしてもサロンの方に自分のデリケートゾーンをさらけ出すことになります。向こうはプロですから慣れているのはわかっていても、やはり恥ずかしいですよね。この恥ずかしさがあってなかなかサロンでの脱毛に踏み切れないという方も多いのが事実です。


 

脱毛サロンでアンダーヘア(vio)脱毛する場合、どのくらいの期間・何回通えばいい?

実際脱毛サロンに通うとなるとどのくらいで効果が感じられるのか、脱毛完了まで何年くらいかかるのかは気になるところですよね。毛の量や頻度によって個人差はありますが、通う回数や期間の目安は以下のような感じです。

時期 回数(期間)
効果を感じ始める時期 3回〜 (半年)
産毛程度の毛を残した状態になる時期 12回〜 (2年)
ハイジニーナの脱毛完了の時期 18回? (3年)

 

やはりツルツルにするには3年以上の期間が必要です。しかし3?5回目あたりから毛の量が減って毛質も柔らかくなるのを実感できるようになりますので、根気よく通ってみましょう。

 

vio脱毛におすすめの脱毛サロン※恥ずかしい気持ちを忘れさせてくれるサービスあり

VIO脱毛の際、だいたいどのサロンでも施術の姿勢は変わりませんし、タオルやゴーグルでの目隠しも安全のため行ってくれます。恥ずかしさをできるだけ軽減してくれるような配慮もありますので気軽に通ってみましょう。ここではとくに恥ずかしさを軽減できるようなオススメのサロンをピックアップしてご紹介します。

 

VIO脱毛におすすめなサロンの《脱毛機・料金・特徴》まとめ

VIOの脱毛におすすめなサロンの中からシースリー、ミュゼ、銀座カラーを今回はピックアップしてご紹介します。VIO脱毛にかかる料金や機械、そして簡単な特徴を表にまとめてみました。

 

脱毛サロン 脱毛機 脱毛機 特徴
シースリー 連射式脱毛機C3GTR 月額5,800円~

(VIO込全身脱毛)

全身脱毛は回数無制限の全身脱毛が受けられます。シェービング無料なのも嬉しいですね。
ミュゼプラチナム ミュゼ・エクスプレス 36,000円

(6回)

ハイジニーナ7のコースが最もお得で、1回6,000円という安さで脱毛を受けることができます。
銀座カラー 銀座カラーオリジナル連射式脱毛機 月額5,100円

(VIOセット:リーズナブル脱毛コース)

年6回通えるリーズナブルコースがお手頃。ドクターサポートが充実しており、脱毛効果が他よりも高いとの口コミも多数あります。

 

おすすめポイントを詳細にご紹介!

VIO脱毛で気になる施術時の服装や部屋の様子はHPを見ただけではわかりませんよね。ここではとくに恥ずかしさを軽減するのに配慮されているポイントやサロンごとのメリットを詳細にご紹介します。

 

シースリー

全身脱毛の無制限通い放題コースが特に人気なシースリー。全身脱毛のなかにVIOもしっかりと含まれています。
このシースリーのいいところは「完全個室」であること!他のサロンは店舗によっては完全個室でなかったり、そもそもカーテンだけの仕切りだったりしますが、内装に力を入れているシースリーは店舗によらず個室となっています。とくにデリケートゾーンは人の往来のない個室で行いたいものですよね。そんな願いを叶えてくれるのがシースリーです。
施術も紙パンツを少しずつずらしながら行ってくれるので、恥ずかしさも最小限に抑えられますね。

 

ミュゼプラチナム

部分脱毛に強いミュゼプラチナムでは、VIO脱毛をする方法としてパーツを選ぶ方法とハイジニーナ7というプランを選ぶ方法があります。実際ミュゼでVIO脱毛を行う人のほとんどがハイジニーナ7を選んでおり、価格も他サロンに比べてお手頃です。ミュゼは一部店舗の例外はありますが完全個室、施術は紙パンツをずらしながら行われます。もちろんガウンがありますので必要最小限の露出で済みます。
ミュゼでの施術はかなりテキパキとしていて、他の部位と変わらず淡々と脱毛が終わっていきます。照射の痛みなどを適宜聞いてくださり配慮もしっかりしてくれるので安心ですね。

 

銀座カラー

高級感のある内装と品のある接客が評判の銀座カラーでは、VIO照射にかかる時間がなんと5?10分!回数無制限のプランも人気ですよね。
銀座カラーではワンピースの下に専用のパンツを着用します。このパンツは紙パンツではなく、Tバックを前後逆にしたような形になっています。最初はびっくりするかもしれませんがすぐに慣れるので安心してください。また銀座カラーは「施術中に楽しくおしゃべりしていて気付いたら終わっていた」という口コミも多く、VIOを見られていることを忘れるほどリラックスできる接客も嬉しいですね。

 

関連記事 ⇒ 全身脱毛のおすすめサロンランキングもチェック!

関連ページ

全身脱毛プランに含む、ひざ下・ひざ上の足脱毛ってどう?美脚になれた?
足のムダ毛は気になっていませんか?「美脚」になりたいと思いませんか?体の中で足は肌の露出が多く、ムダ毛が気になるとつい隠してしまいがちです。
ここって脱毛できますか?脱毛サロンでうなじ脱毛お願いしてみた件!
脱毛サロン選びに失敗しない為に、良い口コミと悪い口コミも比較掲載しておすすめの人気ランキングにしています。